Project Description

LOCUS GEAR 10周年記念 シングルモルト・スコッチウイスキー

品名:ハイランド・シングルモルト・スコッチウイスキー

原材料:モルト

原産地:スコットランド

内容量:700ml

アルコール分:56.5%

主な特徴:

  • シングルカスク(単一樽)
  • カスクストレングス(カスク強度=加水無し)
  • ノンチルフィルター(冷却濾過無し)
  • 着色無し

¥8,480.(税込)

購入する

(当商品につきましては弊社の酒類販売の別サイトへのリンクとなります。)


*ウイスキーの販売に関しましては、弊社の別部門で酒販の免許を持ったウェブサイトのハイランダー・リカーズ / highlanderliquors.comで行います。

Fettercairn Distillery
Fettercairn Distillery

Jotaro’s Scotch Whisky Column

これは、LOCUS GEAR 10周年記念の、シングル・モルト・スコッチ・ウイスキーです。

中味は、スコットランドのハイランド地方にある「フェッターケアン」蒸溜所で、LOCUS GEARをスタートした同年の2009年に蒸留され樽に詰められたものです。

そして、LOCUS GEARの10周年に当たる今年2019年に、10年の熟成期間を経てボトリングされました。したがって、このウイスキーはLOCUS GEARの歴史の長さと同じ年数だけ、樽の中で熟成されています。

この「フェッターケアン」蒸溜所は、ケアンゴームズ国立公園の外れの東南方向に位置する、グランピアン山脈のふもとのフェッターケアンという同名の小さな村にあります。また、ここは、今回私自身がスコットランドを縦走したTGO チャレンジ 2019のルートの終盤の11日目から12日目にかけて通過した、Edzellという町から約9キロの位置にあります。

「フェッターケアン(Fettercairn)」の由来は、ゲール語とピクト語のミックス(Fothair Chàrdain)で「茂みの斜面(slope by a thicket)」という意味があるそうです。蒸溜所の歴史は非常に古く、1824年にアレクサンダー・ラムゼイによって、ザ・グレンリベットとほぼ同時期の最も早い時期にライセンスを取得して創業され、その後、英国の首相を4度務めたウイリアム・グラッドストンの父親のジョン・グラッドストンに引き継がれています。さらに、20世紀に入ってからは別の会社に買収され、1920年に一旦閉鎖されています。そして、1939年に操業が再開され何度かオーナーが代わり、現在ではエンペラドール傘下となっています。

フェッターケアン蒸溜所では、多くの他の蒸溜所と同じように伝統的なプロセスによりウイスキーづくりが行われていますが、他の蒸溜所と違うユニークな点は、ポットスティルの「白鳥の首(Swan neck)」と呼ばれる部分に冷水をシャワー状に噴射する装置がつけられている事です。この装置により、クリスタルクリアな山の水で蒸留器を浸し、銅を冷却して最高級の蒸気=スピリッツのみを収集する事ができるというわけで、これにより、フェッターケアン独特の麦芽の甘い香りとナッツのような風味とテクスチャーを持ったテイストが生み出されています。また、ウイスキーを熟成する樽はアメリカンオークのバーボン樽が使用されています。

今回のLOCUS GEAR 10周年記念ボトルは、多くのオフィシャル・ボトル(蒸溜所が自社ブランドとして発売しているボトル)で行われているような加水(水で薄めてアルコール度数を調整する事)やチルフィルタリング(冷却濾過によって濁りの原因を取り除く事)、着色(カラメル等による色付け)などは一切行わず、10年熟成されたフェッターケアンの単一の樽(シングル・カスク)から、非加水、ノンチルフィルター(冷却濾過無し)、無着色のカスクストレングス(樽に入っている状態のアルコール度数)でダイレクトに瓶詰めされています。そのため、蒸溜所の倉庫にある樽で眠っているウイスキーをそのまま樽出しでテイスティングするような新鮮で強いインパクトと味わいを感じていただることでしょう。

*飲酒は20歳になってから。
**商品特性上濁りが生じることがありますが、品質の問題はありません。
***写真のカラーは、気象条件、光の反射、モニターの見え方により実物とは異なる場合がありますので予めご了承ください。